Topics
トピックス

プランター・ガーデンニングのコツ

2023.10.19

プランター オリーブ ローズマリー アウトドアリビング タイルテラス シンプルモダン ティンバーヤー  timberyard
下草デザイン
プランターでのガーデニングは、マンションにお住まいの方、また一戸建てでもお庭が狭かったり、お仕事などのご都合で、大きな花壇は管理しきれない方、あるいはミモザやオリーブなどのように成長が早く、地植えでは管理の難しい特性の品種の植栽に適しております。今回のトピックスでは、そうしたプランターで植物を楽しむ方法とコツをお伝えさせていただきます。

植物の特性にあったプランターの選択

生長の速さ、根鉢の大きさなど植物の特性にに合ったプランターを選びましょう。サイズ、深さ、排水性、材質が重要です。植物の生長に合わせて適切なサイズのプランターを選びます。

適切な用土の使用

通気性があり、水はけが良い用土を使用しましょう。市販の培養土を選ぶか、黒土や腐葉土などをご自身のお好みで混ぜ合わてもよいと思います。こちらも植物の特性にあわせることが重要です。

適切な植物の選択

プランターに植える植物を選ぶ際に、その植物がプランターでの生育に適しているか確認しましょう。特に生長が早く、大きくなる植物には注意が必要です。小さなプランターには生長の遅いコンパクトな植物が、大きなプランターには生長の早いボリュームのある植物が適しています。

水の管理

適切な水分管理が重要です。過湿気を避け、乾燥を防ぐために、土壌が指に触れて湿っているかどうかを確認し、必要に応じて水を与えましょう。また真夏や真冬は植物にストレスを与えない時間帯の水やりも必要となります。

肥料の供給

植物には栄養が必要です。定期的に適切な肥料を与え、成長期に応じて栄養補給を行いましょう。また開花期であれば、液肥のような即効性のあるものを、休眠期であれば、有機肥料のような緩効性肥料を施肥しましょう。

日当たりの確保

植物は十分な光を必要とします。プランターを配置する場所が、一日を通してどういった日当たりかを確認しましょう。また日陰を好む植物と日向を好む植物をわけて、プランターを置く場所を決めます。

剪定と管理

植物が成長するにつれて、剪定も必要です。植物の特性にあわせて、不要な枝や葉を切り取り、風通しをよくしながら、植物の形を整えましょう。

害虫と病気の管理

害虫や病気に注意し、早期に対処しましょう。定期的に植物の状態を確認して、病害虫が発生しているようであれば、早めに消毒や剪定をおこないましょう。

季節ごとに配置を変える

季節ごとにプランター内の植物や配置を変え、植物が最適な条件で成長できるようにしましょう。真夏や真冬であれば、寒冷紗やマルチングなどの利用し、厳しい気候から保護できるように検討しましょう。

植物への愛情

最も重要なのは、植物に対して愛情をもって接することだと思います。植物の成長を日々観察し、花や葉の状況を観察することで、植物の健康状態がわかります。愛情をもって接することで、植物たちも新緑やたくさんの花や実などでこたえてくれると思います。

プランター植栽は大きなお庭や花壇も必要とせず、マンションなどのベランダでも楽しめるため、どんな方で始められるガーデニングです。植え込む植物の特性を理解し、定期的なお手入れと愛情を提供することで、お手軽に始められる庭づくりの第一歩だと思います。
来春のお庭づくりに向けて、ぜひプランターでのガーデンニング、チャレンジしてみて下さい。

✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿  

MIHANEでは「”下草”からはじまる、ガーデンデザイン」をテーマに、お庭や外構デザインをご提案させていただいております。
新築エクステリア、ガーデンリフォームなどのご相談は、ホームページお問い合わせフォームよりお待ちしております。

対応可能エリアは以下となります。

千葉市(中央区・稲毛区・美浜区・花見川区・若葉区・緑区)
千葉県(浦安市、船橋市、習志野市、八千代市、四街道市、佐倉市、市原市、袖ヶ浦市、木更津市
印西市、白井市、鎌ヶ谷市、市川市、松戸市、流山市、柏市、我孫子市等)
東京都(江戸川区、江東区、葛飾区等)
埼玉県(八潮市、三郷市、吉川市等)
茨城県(守谷市、取手市、つくばみらい市等)

その他地域のエクステリア、ガーデンの設計施工をご希望のお客様はご相談下さい。

« | »