Topics
トピックス

5月の連休におすすめのお庭仕事

2023.04.15

サクラも終わり、あっという間に5月の連休ですね。ゴールデンウイークは、日本で最も長い休暇の1つであり、多くの方が旅行やおでかけを計画されていると思います。気温の上がるこの時期は植物たちにもベストシーズンであり、素敵なお庭を維持するためにも、やるべき作業はたくさんあります。今回のトピックスでは5月の連休におすすめのお庭仕事をご紹介いたします。

日陰の庭
ガーデニング
下草
庭仕事
カラーリーフ
5月の庭
ギボウシ
フウチソウ
ヒューケラ
ベニシダ
家庭菜園
花壇

1.夏にむけた花壇の準備

春先花壇で咲いたチューリップなどの球根類は、花後のこの時期が来年の開花のために球根に栄養を蓄える期間になります。花がらを取り除いた後は、カリ成分の多い肥料を与えます。葉は光合成を続けているので、休眠期を迎えるまでそのままにしておきます。休眠期に入った球根は葉を切り、植えっぱなしにできない球根などは、必要に応じて掘り上げて来年のために保管します。またパンジーやビオラといった一年草の苗を整理し、大きくなりすぎた宿根草の株分けをしたりしても良いと思います。花壇の整理が終わったら、夏にむけて花苗たちを花壇に植えみます。涼し気なルリマツリや花期の長いペチュニアなど、家やお庭の雰囲気にあわせて、季節感のある鮮やかな花たちで花壇を彩りましょう。

2.家庭菜園

気温の上がる5月であれば、種から野菜を育てることができます。代表としては、トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、スイカ、メロン、ゴーヤなどがあります。野菜の種まきには、プランターと種まき用の土や培養土が必要です。土を用意し、肥料を施してから、種をまきます。ある程度の大きさに育ったら家庭菜園に移植してみてください。また種から育てる野菜だけでなく、苗を購入して植え付けることもできます。代表的な野菜としては、ネギ、キャベツ、レタス、ブロッコリー、ほうれん草などがあります。植え付ける前に、苗の根元にある土を掘り返し、根が伸びやすいように土を整え、苗を植え付けます。5月になると、気温が上がり、乾燥することが多くなります。野菜の水やりは、朝と夕方に行いましょう。特に暑い日は、水やりの頻度を増やす必要があります。

3.樹木の剪定

5月は樹木の新緑が目にまぶしい時期です。樹木の成長が活発になるこの時期に剪定を適切に行うことで、樹木の生長を促すことができます。また、梅雨時にはアブラムシやカイガラムシなど、高温多湿で風通しの悪いことによって発生する病害虫があります。5月に不要な枝や葉を取り除くことで、病原菌や害虫の繁殖を防ぎ、庭木の健康をまもりましょう。剪定にはちょっとしたコツがあり、慣れが必要かもしれません。経験豊富な植木屋さんに、一度お庭の剪定をお願いして、剪定のコツを聞いてから自分でチャレンジしてみてください。

以上がゴールデンウイークにおすすめしたい庭仕事です。夏に向けて自分の好きな植物を育てたり、自家製の野菜を育て収穫したりすることで、おうち時間がさらに充実したものとなると思います。

« | »